雨漏りの修理や屋根修理は専門業者|室外工事のエキスパート

作業員

天井から雨漏り

修理

天井から雨粒が降ってくる、その原因はどこにあるのか。このことを考えたとき、考えられることはいくつかあるが、直接的な原因はひとつ。家のどこかが綻びているのである。破れ目が出来ている、あるいは裂け目が。そういう状況が、雨漏りを生むのである。「家のどこかが」とボカすように書いたのは、天井から雨漏りしているからといって、必ずしも屋根に綻びや破れ目、裂け目が出来ているとは限らないからである。あるいは、屋根には確かに綻びや破れ目があるかも知れないが、屋根だけにそれがあるとはまだ断言できないことである。

住宅の屋根という部分は、その他のあらゆる部分と同じように、というか、あらゆる物と同じように時間を経るごとに少しずつ劣化していくものである。物は皆、灰は灰に塵は塵に、最後には帰っていく運命にある。だから、人は物を修理したりメンテナンスに出したりして定期的に診て、長持ちさせようとするのである。雨が漏ることも、そのひとつのきっかけになり得るといえる。なぜなら、劣化する屋根が劣化の証拠として人々に感知させたのが、家の中に降る一筋の雨だったからである。診断士の診断によってそのことが明らかになると、事は屋根修理に向かって動き出すことになる。屋根にはさまざまな種類があるが(瓦、コロニアル、金属)、修理の際に行われることは同じである。瓦やコロニアルなどの屋根材の傷みが調べられ、原因となった部分が正確に特定される。屋根材の下にある防水シートの取り換えが検討される。それらの作業を通して、雨が漏る原因となった破れ目や裂け目、穴や綻びが塞がれて、屋根修理は完了するのである。