雨漏りの修理や屋根修理は専門業者|室外工事のエキスパート

作業員

雨漏り原因

一軒家

雨漏りの原因となる部分には、さまざまなところがある。というのも、すべての雨漏りが天井から雨粒が降ってくるというものではないからである。例えば、雨の日に壁からじわっと雨が滲んできて、床が濡れるといったような現象も雨が漏るうちのひとつである。つまり、壁から雨が侵入してくるという状況である。このように、雨の日に床が濡れる原因は一様のものではない。だからこそ雨漏り診断が必要なのであり、診断の結果、壁が原因となっているということになれば壁の修理が必要なのである。壁の修理というのは、具体的には外壁の修理、というか塗装の塗替えや部品の取替えということになる。外壁というものは塗装によって雨風から守られているが、塗料が劣化するとバリアーを失った城塞のようになすがままになってしまう。つまり、この場合に必要なのは塗料の塗替えなのである。また、外壁は複数のボードを並べて立てることで出来ているが、そのボードの間を埋めているコーキングというゴム材の物がボロボロになって隙間を生み、そこが雨粒を侵入させる原因にもなる。この場合には、コーキングの取替えということが必要になるのである。

人の体に現れた不具合を診て、診断を下すのは、人の体に詳しい人である。診方を知っていて、きちんと判断する知識を持っている人である。それは、人の場合は医者であるということになる。雨漏りが起きている住宅の場合は、そのような詳しい知識を持ち、診断することが出来る能力を持っているのは「雨漏り診断士」であるということになる。